会社

西原良三、青山メインランド社長が語る事業内容とは?詳しくご紹介します。

人口減少社会と言われ、コロナ禍で東京都の人口が減少に転じるなど状況は大きく刈ろうとしています。しかし、首都圏の土地価格は上がるなど東京から周辺エリアへ、その人気は移ろうとしているという方が正しいかもしれません。 首都圏を中心に不動産を展開しているのが株式会社青山メインランド。代表取締役社長を務める西原良三さんは長らく会社を引っ張ってきました。 青山メインランドとはどのような会社なのか...
社長

西原良三 青山メインランド 社長~成長を続ける会社を率いるカリスマ社長の原動力とは

30年成長し続ける会社・株式会社青山メインランド 日本の経済が伸び悩んでいる中、毎年、確実に成長を続ける会社があります。僅かな年月ではなく、30年もの長い間です。 ──株式会社青山メインランド。率いるのは、代表取締役社長西原良三。 創業は1988年に遡ります。30年の間にはバブル崩壊という日本経済の転換期や、リーマンショックという世界的経済危機も経験しています。そんな中、成長を伸...
会社

川尻征司HappyDay社長 部下に接すべき態度と絆

コンプライアンスが叫ばれる時代、特にハラスメント系に対する世間の風当たりはかなり厳しくなっています。セクハラは当然アウトですが、モラハラもまた厳しく対応しなければならない事案になろうとしている状況です。しかし、厳しく育てられてきた人からすれば褒めて伸ばす方がおかしいのではないかと疑問を呈したくなる気持ちもわかります。このような状況を、人材コンサルティングHappyDayを経営する川尻征司さんは、...
社長

株式会社トランザクション石川諭

主に雑貨販売を手掛け、最近では新型コロナウイルス関係の商品を展開するなど、東証一部上場も果たしている株式会社トランザクション。この会社を創業し、30年以上代表取締役社長を務めているのが石川諭さんです。 石川諭さんの経歴 石川諭さんは1961年生まれで現在60歳です。父親は自動販売機の運営を行う会社の社長で、父親の気まぐれもあり、10回以上の引っ越しを経験。起業家だった父親の影...
社長

株式会社オルトプラス石井武

電車に乗ると本を読む人よりもスマートフォンアプリのゲームに興ずる人が多く見受けられます。それだけスマホゲームの存在感は高まっていますが、こうしたスマホゲームを主に扱っているのが株式会社オルトプラス、代表取締役社長は石井武さんです。 石井武さんの経歴 石井武さんは1969年6月10日生まれで現在52歳です。国語が大好きだったという石井武さんは東京経済大学を卒業後、ベンチャーキャ...
社長

株式会社ArtPlay五十嵐孝司

e-sportsの登場により、ゲームをやり過ぎたとしても親がなかなか叱りにくい時代を迎えました。ゲームは無駄なものではなく職業として人々を魅了することができるようになったのです。ゲーム業界にとってはこれ以上やりやすい状況はありませんが、長くプログラマーとして活躍し、大手企業から独立を果たしたのが株式会社ArtPlayの五十嵐孝司さんです。 五十嵐孝司さんの経歴 五十嵐孝司さん...
社長

株式会社クララオンライン家本賢太郎

中国市場への進出は日本企業として非常に重要である一方、独自で進出を目指すというのは勇気がいることであり、リスクもはかり知れません。そんな日本企業の進出をさぽーとするのが株式会社クララオンライン。代表取締役社長は家本賢太郎さんです。 家本賢太郎さんの経歴 家本賢太郎さんは1981年12月2日生まれで現在40歳です。幼い時から身体的に不安が多かった家本賢太郎さん、中学時代に脳腫瘍...
社長

株式会社enish安徳孝平

おもちゃ屋さんでゲームを購入して遊ぶ時代もまだ続いていますが、最近根強いのはスマホゲームに課金して遊ぶこと。スマホゲームの市場は今後も広まり続けることでしょう。ぼくのレストランシリーズを始め、多くのソーシャルゲームを世に送り出す株式会社enishの代表取締役社長は安徳孝平さんです。 安徳孝平さんの経歴 安徳孝平さんは1971年生まれで現在50歳です。千葉大学を卒業した安徳孝平...
社長

株式会社アトラエ新居佳英

人工知能を活用し、仕事を探す労働者と企業とのマッチングの手助けを行うサービスを展開する株式会社アトラエ。創業15年で東証1部上場を果たしたアトラエで代表取締役社長を務めるのが新居佳英さんです。 新居佳英さんの経歴 新居佳英さんは1974年生まれで現在47歳です。シングルマザーの家庭環境だったものの、息子にはいい教育を受けさせたいと私立の名門校に入ることになった新居佳英さん。サ...
会社

船越洋平が考えるSNSとの正しい接し方とは?国民のSNS進化についても言及します。

インターネットの誕生から30年近くが経過、この10年でSNSが完全に普及するなど、私たちとネットの関係性はかなり近く、1つのツールとして機能しています。その一方、ネットとの距離感がつかめない人が多く、ネットは便利なツールでありながら人を傷つけるツールにもなっています。そんな状況に危惧を抱くのがWebマーケティングの仕事をしている船越洋平さんです。 船越洋平さんが危惧する要因には、身...