西原良三 青山メインランド 社長~成長を続ける会社を率いるカリスマ社長の原動力とは

社長

30年成長し続ける会社・株式会社青山メインランド

日本の経済が伸び悩んでいる中、毎年、確実に成長を続ける会社があります。僅かな年月ではなく、30年もの長い間です。
──株式会社青山メインランド。率いるのは、代表取締役社長西原良三。
創業は1988年に遡ります。30年の間にはバブル崩壊という日本経済の転換期や、リーマンショックという世界的経済危機も経験しています。そんな中、成長を伸ばす会社はどういう所なのでしょうか。そして、西原良三社長はどのような人物なのでしょうか。

投資用マンション「メインステージシリーズ」

2018年度には売上高400億円、経常利益20億円突破という快挙を成し遂げた株式会社青山メインランド。毎年の売上高の伸び率は、10%を超える成長を見せています。そんな株式会社青山メインランドの主力事業は「メインステージシリーズ」と名付けられた投資用マンションの運営です。
経済の停滞、将来への不安から、多くの人が投資というものに関心を寄せているのではないでしょうか。株式や外貨、金投資、アパート経営など、様々な形がある中で、確実な資産として注目されているのが投資用マンションです。
そこに注目したのが、西原良三社長の株式会社青山メインランドです。

とはいえ、投資用マンションと一口に言っても様々であり、投資素人から見ればどこから手をつけて良いか分からないというのが現状でしょう。どの物件を選んだら良いのか。実際に入居者を探すにはどうしたら良いのか。もしもトラブルがあったらどう対処したら良いのか──。
株式会社青山メインランドの「メインステージシリーズ」が広く支持されているのは、マンション投資初心者のこんな不安な声を丁寧に汲み取ったからです。

「メインステージシリーズ」は立地にこだわりました。都心に住みたいという人の目的のひとつは、通勤通学時間の短縮であるのはいうまでもありません。そこで、株式会社青山メインランドは最寄り駅からの距離を考慮して物件を提供するのです。それから物件の細やかな管理を行います。当然のことですが、部屋の管理に満足できなければ入居者は退去してしまいます。また、オーナーの財産である部屋に破損があってもいけません。何より、オーナーが期待する利回りを提供することも大切なことです。
一括借上げ契約という画期的なシステムでオーナーから物件を預かり、99.6%という驚異的な入居率を誇る株式会社青山メインランド。空き室の少なさが、満足度の高さを表していますね。
オーナーも入居者も、共に大切なお客様です。両者に満足してもらえるように、お客様のニーズを汲み取って出来る限り応えるという基本姿勢が、投資用マンションを30年もの長い間、手がけてきた株式会社青山メインランドの強みなのです。

西原良三社長の社員教育とは

「机上に置かれたMacbook」の写真

株式会社青山メインランドは、首都圏の投資用マンション供給ランキングで、常に上位に入るまでの存在となっています。
それは、社員ひとりひとりの力あってのことだと西原良三社長は誇ります。西原良三社長の社員教育とはどのようなものなのでしょうか。

株式会社青山メインランドのスタッフの教育姿勢の特徴として挙げられるのは、キャリアパスが明確に示されている点だといいます。入社後、始めはスタッフとして能力開発などを行います。その後、若手をサポートするシニアスタッフになります。昇進を重ねるごとに、チームを管理するマネージャー、シニアマネージャー、ゼネラルマネジャーと役職が変わっていき、任せられる仕事の範囲が広がっていくのです。キャリアパスがハッキリ示されているのが、働きやすさにも繋がるのではないでしょうか。
気になる仕事の内容は、営業部門と開発部門の2つに分かれています。営業職は、投資用マンションとオーナーを繋げるのが仕事。不動産知識や資産運用の知識が求められます。
一方の開発部門は、賃貸管理や開発や融資などに携わります。

成長の秘密は「青山アカデミー」

西原良三社長率いる株式会社青山メインランドという会社の一番の特徴は、「青山アカデミー」の存在です。独自の育成制度である「青山アカデミー」という研修環境のことです。
新人研修では、初歩的なビジネスマナーやパソコンスキルなどを学びながら、宿泊研修も行います。研修終了後、すぐに戦力となるよう実践を意識した研修を行うそうです。他にも、フォロー研修や、幹部候補生を育てる目的での次世代育成研修など、研修は多岐に渡っています。中堅・上級管理職研修や、部門ごとの専門スキルを磨くための研修もあり、入社間もない新人からベテランまで、学ぶ場が幅広く用意されているのです。

まとめ~西原良三社長の原動力は…

仕事で結果を出した社員たちには、韓国、シンガポール、セブ島といったリゾート地への旅行が待っているそうです。努力には最大限に報いるというのが西原良三社長の方針です。
仕事も娯楽も全力投球。それが株式会社青山メインランドであり、その特徴として挙げられるのが会社の部活動の熱心さです。勤務時間外は野球部やサッカー部で汗を流し、社員同士が全力で楽しむ。その姿勢が、西原良三社長の更なる成長の原動力となっているのかもしれません。
投資用マンションの運営で30年という長い期間、信頼を得てきた株式会社青山メインランド。カリスマ社長である西原良三の手腕が注目されがちですが、実際は地道な努力を続ける社員たちの力が会社を支えているのだと分かります。また、それを誇りに思い、社員たちを大切にする西原良三社長の熱い思いが伝わってきます。

コメント